今年のマンマグラムも無事終了

40歳を過ぎてから、毎年受けてるマンマグラムですが、


今年も一応無事に終了。



しょっちゅう引っかかり、再検査を受けさせられるんで、


もう慣れっこではあるんですが、



今年も引っかかりました。



去年まで受けてた、テキサスの病院ではなく、



こちらの新しい病院にかかってるんで、私の病歴、家族歴を見ると、


詳しく検査したくなるのは、良く分かります。



毎年恒例の検査は、3Dでも、保険でカバーされるんで、


支払額は”0”なんですが、



再検査となると、請求書が来ました。



まあねー、とってもお高い3Dの機械を使ってるんで、仕方は無いのですが、


350ドルもするのかーと、ため息。



DRが、再検査要のネゴシエーションをしてくれて、280ドルと、


ちょっとましにはなりましたが、日本でもこれくらいかかるのかなあ??



まあ、これくらいで、安心が買えるのならば、仕方の無い出費ですね。


あ、でも、半年後にまた再検査だから、


2月にまた出費だわ。(笑)



にほんブログ村
スポンサーサイト
癌治療 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/08/15 09:35

Mammography

今年のMammoも、今日終了。


まだ結果は、1週間後だけど、検査しただけで、


いつもちょっと、ほっとします。




こないだも、日本人のお友達との女子会で、


話に出たけど、


やっぱり、この検査は、たいしたこと無いです。(笑)




痛い!!という感じでは無いです。



確かにわき腹から肉を引っぱり上げて、



更につぶして、押さえ込まれるんで、


痛いといえば、痛いけど、


泣くほど痛かったとか、悲鳴をあげるとか、



そういう痛みではないです。



日本で痛い、つらい経験をされた方々が多いようですが、



私は、こちらでは一度もそんな困難は無いし、



私が思うに、こちらの技師さんは、上手な上に、手早いし、


力の抜き具合なんかも、上手に指導してくれるし、


うまいと思います。


日本でつらい経験のある方々も、


こちらで試して欲しいと思います。




最近、乳がんに罹患した人の話を、よく聞くんで、



これは、しっかり検査したいです。



特に私は、子宮がん、卵巣がんの既往の上に、


二人の従姉妹が、乳がんに罹ってますし、


検査せずに罹患したら、それこそ何で???!!!と、



責められるのは、確実です。




こちらでの生活、2ヶ月切ってるんで、


特に今年は何にもありませんように!!!




もうこちらでは、医者にかかりたくない。(笑)




9月以降、Northwestで、新しいファミリーDr探しや、


デンティスト探し、しなくてはいけないし、、、、、




セーフでありますように!!



にほんブログ村
癌治療 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/06/25 03:55

こういうことって、何で続くんだろう??

楽しい、嬉しい話ではないんだけど、



というか、悲しいつらい話ですが、こういうことも受け入れなくはいけません。



人は必ず亡くなりますから、仕方ありません。




昨日と、一昨日になるのかなあ??



一人は私の伯母、74歳で亡くなりました。



もう長いこと、肝臓癌から始まり、いろいろと、、、、


今年中かな??とは、言われてたけど、



最後はちょっと急いだように、



あまりにしんどかったんでしょうか??


少し早めに、楽になりたかったようです。



最後は、腹水も溜まりにたまって、苦しかったようです。




全身に転移してるんで、しんどかったろうし、家族も相当疲れていもいたんで、


仕方ないというか、受け入れできてます。



ただ、、、、私は、亡くなる前日、従姉妹から、メールをもらっており、



もう最後かなあ?と、聞いてたんですが、それでも、ここまで早いとは、、、、、


1ヶ月くらいは、頑張ってくれるかな??と、淡い期待を持ってたんで、



来月くらいに、日本に帰ろうかと、考えていました。




去年の秋に、父方の祖母を103歳で亡くしてたんですが、



日本には、その前に帰ったばかりで、


おばあちゃんのお葬式には、行けずにいた事が気になってたんで、



来月ならば、おばあちゃんの1周忌に参加できるし、



来月ならば、父の誕生日もあり、


伯母ちゃんにも、最後のお別れが出来るかなあーと、思ってたんで、



あまりの速さに、ちょっとビックリでした。



ま、でも仕方ありません。


伯母ちゃん、ゆっくりと楽に、のんびりしてください。



長いこと会いたかった、両親(私の母方の祖父母)、



先に旅立った沢山のお兄ちゃん達に会って、



いっぱいいっぱい、甘えてくださいよ。






確かに悲しいことではありますが、



伯母は、74歳、まあ、仕方ないかなあ。






でも、もう一人は、私より随分と若いんですが、


夫の方の義理の家族です。



夫の兄の義理の妹ですが、乳がんで亡くなりました。



はっきりとした年齢は、分かりませんが、


義兄の嫁が、私より2歳若くって、


その人の妹だから、最低でも、私より5歳は若いはずです。




夫は、何度も会っていますが、


私は10年ほど前に、1度会ったきりですが、


その時には、すでに乳がんでした。



なので、10年、乳がんと戦ってたんですね。



10年前、乳がんと知りながら、結婚して、


最初のうちは、治療もいろいろしたようですが、


最後の数年は、もう治療もせずに、



楽しく余生を過ごすと、決めたようです。





夫婦で、世界中を旅行して、十分に楽しんで、



旅立ったようです。




勿論、悲しいことですが、


夫婦で世界中を旅行し、沢山の楽しい思い出を持って、


あの世に旅立てたのは、いいことだと思います。




私も夫に、次の癌が分かったら、


治療も大事だけど、


体力のあるうちに、世界旅行しよう!!と言い、



夫もOKと言ったんで、



嬉しいと言ったら、変だけど、



再発の怖さは、ちょっと緩ぎました。




多分、義兄の義妹は、3日に亡くなったようで、


私の伯母は、4日の朝。



こういうことって、重なりますね。


二人とも、あちらの世界で、ゆっくりと、楽に、楽しく過ごして欲しいです。






にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
癌治療 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/10/06 12:37

少しづつ、南との縁が切れていくのかな??

今日は、半年に一度のOncology Dr受診の日だったのですが、


ちょっと驚いたことがありました。



私の方は、月曜日の血液検査の結果もよく、


受診も何も問題なく、



手術からは、2年半、


化学療法終了からは、2年になります。




Drからも、”何にも問題ないね”と、言われたあと、




この話が、、、、、、




「私も、今月でやめるから、次回、半年後は、



私の後任の、C Drにお願いしますね。」と、、、、、



え????やめちゃうのー。


ちょっと前、もう60歳だから、、、とは聞いていましたが、



まだまだバリバリのサージャンだし、スペシャリストだし、、、、、



でも、5月の末の、リタイア後にには、


ペルー マチュピチュへの旅行も、予定にあって、



Drは、うきうき、ルンルン状態でした。




私のこのOncology Drすばらしい先生で、


患者さんからの評価も抜群。



経験年数も30数年で、手術もバリバリやってるし、


絶大なる信頼を擱いていたんで、その話を聞くと、ちょっと動揺が、、、、



南に留まる一つの理由が、このDRだったのです。



この先生だから、信頼してるし、



このクリニックを、変わりたくなかったんです。



手術もしてもらったし、良く体の事も知ってもらってるんで、



半年毎の検診も、ここでと決めてましたが、



Dr S が、居なくなるんなら、



まあ、どこでもいいかなあ??って感じです。(笑)




後は、仕事関係のみのしがらみかなあ??




実は、買おうかなあ??


欲しいなーと思っていた家が、去年の暮れ頃あったんですが、



どうも話がうまくまとまらずに、流れた時点で、


あれ??南との縁が、少し切れたかも??とは、感じたんですが、



これでまた一つ、切れた感じがします。




半年後の11月には、まだここに居ますんで、


その時の新しいDrとの相性、感じで、この先のことは決めますが、



どうしてもAustinに、留まっていなくてはならない、理由が一つ消えました。




来月早々、恒例の夫の両親の元、


ワシントン州SequimとSeattleに、行きますが、


そこで何か流れが見えてくるでしょうか??


あー、それにしても、来月のSeattle 楽しみだわー。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村



癌治療 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2015/05/08 03:44

早めの退院

日本の母が、先週末、退院しました。


予定では3週間と聞いてたんで、

数日だけではありますが、ちょっと早めに退院できたようです。



昨日、退院おめでとうの電話を入れたんですが、


痛みはあるようだけど、家に帰ってホッとしたようです。


あとは日にち薬、


家で気を使わずに、体を少しづつ動かして、

慣らしていくだけです。



お誕生日前に退院できて、良かった、良かった。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
癌治療 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2014/06/03 02:58

10年後を考えてしまう

昨日の弟からのメールで、母の腎臓の腫瘍は、

悪性だったけど、(癌)


去年の大腸癌とは、別物。

つまり、大腸癌からの転移ではないという事。


想定内のことなので、転移で無かっただけ良かったって事ですが、


やっぱりうちはみんな癌だなーと、再確認。


こうなると、いろいろ考えます。


母方の親戚は、祖父母をはじめ、兄弟みんな癌で亡くなってます。


みんな大体50代から、60代に発症して、

70前に他界しています。



祖父母のように、40年以上前になくなってる人たちは、


癌とわかった時点で、もう末期なんで、


そのまま数ヵ月後、、、、


伯父たちも、治療はしても、大体70くらいには亡くなってます。



母も来月で71歳になる。

去年の70歳の夏に、最初の癌が見つかったんで、


母の兄弟の中では、十分に生きてる方。



これから10年後の予想してみると、母は生きてるだろうか??



それとは正反対に、父方は、親戚は少ないんだが、


どうも長生き体質のようだ。


祖母は今年、103歳になった。


膝が悪いのと、数年前に転倒して、大腿骨を骨折したが、

手術もせずに変形したが、屋内であれば、ぼちぼち歩ける。


年相応に、いろんな事は忘れるし、耳が遠いんで、コミュニケーションも難しいが、


呆けてしまって、周りの人を困らすよな事は無い。

1年に1回しか会わないのに、私のことは、しっかり覚えてるし、

何にもたいしたことは言わないが、嬉しそうに、ニコニコしている。


3食を用意さえしてやれば、文句も言わずに完食し、


内臓はいたって問題ないようだ。



父には一人だけお兄さんが居るが、

78歳で、すこぶる元気。


インドア派の父と違い、伯父は、若い頃から体も鍛えてるんで、


見るからに健康そうである。

四国のお遍路さんも、もう4周したとかで、

元気すぎるくらいで、このまま行ったら、


伯父も、100まで軽く生きそうである。


この二人を見てると、父もきっと長生きなんだろうと思う。



そうなると、これから10年ぐらいは、両親とも元気で過ごしてくれるであろうが、


さてさて、それからとなると、母の方が先にいってしまう事は、避けられないようだなー、と考察できる。



あれが欲しい、これが欲しい、あれが食べたい、これが食べたいと、

わがままな母に比べて、父はそういうことはあんまり言わないし、

母が一人になってしまうより、介護する側は楽かもしれないが、

どうなるんだろう??


きちんと3食準備して、テレビとラジオがあって、


阪神タイガースを応援できたら、父は文句も言わずに、

一人で快適に過ごしてくれそうでもある。


それはそれでいいんだけど、

その後の事とか、考えてるんだろうか??



父は末っ子だから、お墓も何にも無い。


そういった物も準備しないと、、、、


でも、なんで私がこんな事ばっかり考えてるんだ??







うちは夫も弟も、両親までも、末っ子。


長女の私は、どうもそういう役回りのようだ。


末っ子さんたちは、そういうことはどうでも良いようだから、、、、

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
癌治療 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/05/25 23:31

無事に手術は終了

母の日の翌日、母は入院、


そして昨日が、手術でした。


昨年の夏の大腸癌に続き、


今回は腎臓の腫瘍摘出術でした。



弟からのメールで、手術は無事終了。


あとは、病理検査の結果待ち。


一番良いのは、良性ですが、


もし癌だとしても、大腸癌からの転移でない事を祈るのみです。



まー何はともあれ、無事に手術が済んだことに、大感謝。


あとは、母が順調に回復しますように!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
癌治療 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/14 00:07
 | HOME | Next »