そんなに嬉しいものなのか?

今年の サンクスギヴィングスデイは、にぎやかになりそうです。

毎年、その時期には、家族を訪れてますが、今年は、ダーリンの家族全員が、
サンノゼのお兄さん宅に、集合です。


3年前、スクイムの義両親宅に行った時は、義兄さんのみ来てました。

2年前は、サンノゼに行きました。
その時は、一番上のお姉さん家族に、訪れた先のお兄さん家族、
そして、次男の家族も集まったけど、、

すぐ上のお兄さんと、義両親が、クリスマスに行くからと、来れずに、ちょっと残念。

そしてその年は、私達が、クリスマス、日本に帰ったんで、
みんなが集まったクリスマスに、私達だけ、欠けてたようです。


去年は、義両親もみんな、サンノゼに来てたのに、
私達がサンクスギビングスのホリディに日本に帰りました。

そしてクリスマスは、みんなじっとしてるのに、
私達が、まずは、スクイムに向かい、
クリスマスが終了すると、そのままサンノゼに飛び、と、
忙しいクリスマス、お正月でした。



兎に角、みんなが一時に、集合するのは、珍しいので、ダーリンは、すごく楽しみにしています。


ダーリンだけでなくって、兄弟みんなが、みんな来るんなら、何とか自分も!!と、予定を組み替えたりしてるようで、必死です。


5人も兄弟が居ると、それもそれぞれ子供もいれば、奥さん旦那さんも居るんで、
そちらの方の家族との折り合いもあるようで、難しいのかな??


それにしても、そんなに嬉いのか??

日本に帰れば、弟家族は、普通に遊びに来るけど、
会えば、それなりに嬉しいが、ワクワクするというのとは、ちょっと違うような、

まあ、嬉しい事はいいことだけど、

みんな寄ったら、にぎやかだろうなあー。
スポンサーサイト
アメリカ生活 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2008/10/30 22:15
 | HOME | Next »