Texas State History Museum

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村

今日は、テキサスのヒストリーミュージアムに、行って来ました。


テキサスの人は、自分の事を、”Texan” と言って、
すごく誇りを抱いているんですが、

いったいそれは、どこから??という思いから、 
テキサスの歴史は、知っとかないと!!! と、来てすぐから、思ってました。




このミュージアム、大きくって、見所も沢山ありますが、
私達、4時間近くいて、疲れましたねー。




まずは、1F、 何世紀もの昔、
アメリカインデイアンの生活から、
first encounters
アメリカ全体が、この時代は、似たようなもんだと、思うのですが、
湾岸に、住んでたようです。


ダーリンは、1Fから、時間をかけて見てましたが、
私は、もっとテキサスらしいところを、知りたかったので、
1Fは簡単に、




すぐに2Fに上がりました。


ここからは、テキサス魂の構築されていくところが、分かります。

alamo.jpg
これは、”アラモの砦”ですが、’テキサスのの独立を勝ち取る為に、
メキシカンたちと戦った戦場跡。





revolution.jpg
戦うテキサスの戦士達。





アラモの戦いから100年経ち、
100年祭を祝うテキサスカウボーイ。
western identity
1936年が、100年祭だったようです。






テキサスカウボーイ達の、農場。
texas ranching

今でも、田舎の方に行けば、いつでも見られる風景ですが、
昔は、こんな感じで、広ーい Ranchに、
いろんな家畜を飼って暮らしているテキサンが、ほとんどだったようです。





1901年のある物の発見までは、




そうです。



ここは、Oil Country なんですよ。



oil chaged Texas
OILが出ることが分かって、テキサスは、急に栄えたようです。




ゴールドラッシュのように、オイルのブームタウンが、あちこちに出来て、
1日で人口が倍に膨れ上がる事も、珍しくなかったようです。

boomtowns in texas


ジェームスディーンの遺作でもある、あの”ジャイアンツ”も、テキサスが舞台。


飲んだくれの、一文無しのジェットが、荒れた地で、
油田を当てて、大金持ちになっていくけど、
大好きな女性(リズ テイラー)は人の妻。



なんだか、切ない映画ではありましたが、
油田を一発当てただけで、あれほどまでに、生活が変わるんか?と、
言うほどの、成金ぶりで、


ハー、 石油って、大事ねー、ダイヤモンドよねー、って、思ったもんです。




このミュージアムで、再確認です。



どんどん栄えて、今でも、テキサスは、オイルが出るから、強いんだ!!

oil state

なんてたって、この国は車社会、
ガソリン無ければ、生きてけません。


ガソリンの値段に、生活も左右されます。


いまだに、Oilで、Richな、テキサンねー。




しかし、テキサス魂は、いろんな所に顔を出してます。


写真は無いけど、スポーツの有名人も多いし、音楽でも、

沢山のオーソリティーを、世に送り出してるようです。



そして、忘れてならないのが、
宇宙にも一番近いのが、テキサス。


ヒューストンにはNASAがあります。


全米の知恵が結集し、宇宙に向かってるのです。

Huston NASA in TX
  
Proud Proud Texan   



このほか、2Fには、Texan Spirit Theaterって言うのがあって、
歴史も簡単に説明してくれて、面白いのですが、
大嵐や、雷の体験できるセットがあったり、

テキサスならではの、ガラガラヘビの気持ち悪い感触まで、

特殊技能で、体験できる、面白いシアターです。



ここで、1日遊んだ、私達でした。


ちょっと疲れたけど、いい一日で、テキサンの気持ち、少しは、分かったかも??


スポンサーサイト
アメリカ生活 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/01/29 01:16
 | HOME | Next »