アメリカ大移動、オレゴンからアイダホ、そして南部テキサス、更にNorthwestに戻ってきました
Cohort Group


私たちの病院では、レジデンシープログラムも、3年目を迎えるそうです。

私達は”Cohort9”と呼ばれています。


一緒に学んでいる仲間です。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
仲間が居るって、嬉しい事です。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2010/08/29 00:21】 | ナース関連
トラックバック(0) |

初めまして
みいこ
salieさん初めまして、みいこと申します。
時々、こちらにお邪魔させていただいては、すごいな~頑張ってらっしゃるわ~と、一人PCの前で唸っております。私も日本で丸6年だけナースをしていましたが、ただいま休業の身です。怠けた生活を送る暇主婦です。
異国でナースとなって奮闘され、毎日苦しくも充実した日々を送られてらっしゃるのだろうと思います。沢山の仲間の皆さんと頑張ってくださいね!!応援しています!


ありがとうございます
salie
みいこさん、はじめまして、

もう、今は必死です。
毎日が、目まぐるしくって、ほんとに、眩暈を感じています。(笑)
充実しすぎて、休みの日は、死人のように寝ていますが、
夫が理解してくれて、子供が居ないのが救いですね。

応援、ありがとうございます。
励みになります。
頑張りますよー!!



そら
ご無沙汰してます。私はひとり立ちして一ヶ月が過ぎました。今は最低4人、この前は5人受け持つことがあり、ひたすら走り回ってました(涙)。なぜか私が勤務する時は必ず何かが起きる・・・。術後の患者さんが低血圧になり腹腔内で出血していたり、骨メタによる腰痛で入院した患者さんが目の前で急性心不全になったり、脳メタで様子観察だけの患者さんがナイフを病院に持ち込んでいるのを発見しレポートを書いたり、入院してから数日後の患者さんを受け持ったら入院してからIDバンドを装着していない事を発見したり・・・。他のナースがすんなり仕事をしている時に、ただでさえすんなり仕事が出来ないのにエクストラの苦労が続きます。
っというわけで夜中にDrへ電話しない日は無いくらい。まだまだ慣れませんが、最近は事前に「セリフ」を書くようにし、また同僚に「このDrはこんな時どんな指示を出すの?」と先回りして聞いてます。そうすると訳の分からない薬の名前を言われてパニックになる可能性が減ります。微々たる事ですが、やらないよりはマシかな・・・。とは言っても、電話はかけるまえに吐き気がするくらい嫌です(涙)。

夜中に電話は、嫌ですよねー
salie
そらさん、こんにちは、

もう、独り立ちですか、すごいですねー。
私たちは、18Wのレジデンシーのプログラムがあるんで、10月末までは、
プリセプターが付いてくれますが、もうそろそろ、4人持たされそうです。v-356
一人立ちしたら、日勤で5人、準夜で6人、深夜勤務では、7人という事に、なるようです。
日勤で、Drが勤務中でも、もう、相当緊張して掛けるのに、
夜中に電話は、恐縮するし、日曜の朝方なんて、どうしましょう!!!ですよね。e-350
当直医が居てくれる日本が、懐かしいです。



コメントを閉じる▲