アメリカ大移動、オレゴンからアイダホ、そして南部テキサス、更にNorthwestに戻ってきました
今週はちょっとは暇になってくれるか??と、思ってたのに、、、、

全然でした。

反対に、ものすごく忙しくって、

休憩1分も取れませんでした。




私が受け持った患者さん、夜中の緊急入院、

大腿骨骨折のお婆さん。


耳が遠くって、大声で話すんだけど、

しっかりした方でした。


でも、、、、、

このサンクスギビングのために、

わざわざ、フロリダから息子の所に来たのに、、、、

転倒で、骨折です。



老人に旅行させずに、息子の家族が、動こうよー。

これで、83歳のお婆さん、運動量はこれから減るだろうし、

痴呆も始まるかもよ?



老人看護の先生が言ってたけど、

自分の親の介護が必要になったら、

親を、子供の元に連れてくるのではなくって、

出来る限り、子供が動くのが、

一番の痴呆の悪化防止だって言ってたけど、

お年寄りって、新しい環境に慣れにくいし、

ほんとにちょっとした段差なんかでも、

慣れてないから、こけてしまって、

骨折、

それに、Op、更にリハビリ、



もう一人のナースも、一人ERからの入院。

やっぱり転倒による、肩関節の骨折。

このお年よりは、何処から来たんでしょうね??



ホリデイで、暖かいテキサスに集まるのは良いですが、

慣れない環境で、転倒、骨折、

テキサスの病院は、更にいそがしい、、、、、




お年寄りを、慣れない環境に呼ぶのはやめましょうよー。


これで、ホリデイ、台無しでしょうねー。


私の受け持ったお婆さん、フロリダに帰れるのは、

いつになるでしょう??

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

【2010/11/24 23:50】 | ナース関連
トラックバック(0) |

そうなんですよね~
Kay
老人が転倒骨折すると、本当に大変ですよね。
アメリカだと「治るまで入院」はあり得ないから、早く家に戻されるかリハビリ施設に移動になるか...
環境が変わって、人となじめないから精神的にすごく落ち込んだり、痴呆が始まったりしちゃうし。。。家族も大変だけど、本人こそ「こんなはずじゃなかった」って思っちゃいますよね。

ハッピーホリディ!のはずが、手術に入院をする方々は、お気の毒ですが、その方達に笑顔で対処するナースの方々にも、頭がさがります。

Salieさんも、戸惑うことも多いと思うし、日本と違う環境で驚くこともあるかと存じます。
でもSalieさん持ち前の明るい笑顔で、患者さん達は「この病院でよかった」と感じられるのではないでしょうか。
きっと、Happy Thanksgiving! の一言がいつもよりぐっと心に染みわたる年になるような気がします。

Have a happy Thanksgiving!



kumakuma
老人の大腿骨骨折ってよく試験に出ていましたよね。私でも?覚えているくらいですから。

日本だと長期の入院で痴呆へ移行するみたいなイメージがありますよね。
私が学生の時の受け持ち患者さんが典型的なケースでした。

世間はホリデーシーズンだというのに、やはりナースには関係ない世界・・・
本当にお疲れ様です!


Happy Thanksgiving!!
salie
Kayさん、こんにちは、

そうなんですよねー。
老人の転倒は、もう必ずってくらいに、骨折してますから、、、、
それに、こちらでは、3日で退院ですから、ガンガン環境は変りますし、
その展開の速さに、老人は戸惑うんですよね。
今朝、対応した、今日、リハビリ施設に送られるのお婆さんも、
「I don't Know!!」ばっかり、連発してましたから、困惑してるんだと思います。

まあ、こんな時に、病院に居るのは、お気の毒ですが、 
それでも、Happy Thanksgiving!!ですよねー。


Kumakumaさん、こんにちは、

日本では、かーるく2週間位入院するし、
最初の数日は、ベッドから出なかったりするんで、
寝たきりになるケースも、ありますが、
こちらは、数時間後には、PTが来て、無理やり動かします。
12時間後には、歩いてるし、
3日で退院です。
不安の残る人は、リハビリ施設に送りますが、
これは、保険が効かなかったりするんで、
老人でも、家にそのまま帰る人も、多いですよ。
スパルタですねー。
日本も、少し見習う必要が、あるかもしれません。

でも、opの日の夕食に、ステーキ食べてる人達ですから、
基本、体力があるし、強いんでしょうね??


こんにちは。。
Kei
そうですよね。。おばあちゃんを、それも83歳のおばあちゃんを呼び寄せるのは、、かわいそうですよね。。自分達が動いてあげないとダメですよね。。。、、私もアメリカにいる間、3年近く日本に帰らなかったときのことを思い出し。。。親は、だいじにしないといけませんね。。。Kei

salieさん お疲れ様です!
yummy
感謝祭前に ドタバタと大変でしたねぇ。
83歳のおばあちゃんとても気の毒です。フロリダからの旅行だけでも
大変だったのではと思います。
環境も変わり、ましてや慣れない場所で入院。。
お医者さんやナースさんには 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
やっぱり素敵な職業だと思います!
salieさん お休みの日は、ゆっくりくつろいで
くださいねぇe-266



ありがとうございます
salie
Keiさん、こんにちは、

お婆さん一人が動くほうが、楽だと考えたんでしょうが、
こういう事があるから、家族全員が、動くとなると、お金もかかるけど、
結局は、経済的だったりするわけですよね。


Yummyさん、こんにちは、

感謝祭にには、みんなお家に帰りたくって、必死なんですが、
そうはいかないんですよねー。
可哀想だけど、仕方がない。

私たちも、こういう仕事を選んでしまったんだから、仕方がないです。
飛行場など、大混雑してる時に、動くのもしんどいんで、
これも、そんなに悪くはないですよね。(笑)


コメントを閉じる▲