タイトル画像

最後の晩餐

2011.05.31(00:10) 629

5日目のディナーですが、

これで晩御飯は、最終日です。

次の日、6日目の午前中には、ガルベストンに着くんで、

6日目は、朝ごはんしか、船上ではいただけません。




それでは、最後の晩餐、

まずはアペタイザーから、

day 5 salmon apetizer
この日は、アペタイザーからメインまで、

サーモンです。


午前中の”Behind Fun”で学んだんですが、

シェフのほとんどが、アジア系。

料理長も、インド人でした。


4日目まで試して、

お肉よりも、魚料理が、うまいのは、アジア系だからか??

と、ダーリンが、納得いったようです。


ベジタリアンメニューが、とてもしっかりしてるのも、

料理長が、インド系だからでしょう、きっと。


このサーモンも、とっても美味しかったですよー。





そして、メインのサーモンも、

とってもジューシーで、絶対に焼きすぎないところが、

魚を知ってる料理人さんたちです。


salmon main day5

実は、ダーリン、このサーモンが余りに美味しくって、


もう一つ頼んで、二皿食べたんですよ。(笑)



陸に上がったら、こんな美味しいサーモンは、なかなか南部では無理やでーってことで、




8月の末まで、北部に行くことも無いし、

船上で、サーモンしっかり食べておこうと、思ったようです。




私は、最期のデザートも、しっかり食べたかったんで、一皿で、我慢しましたが、

確かに美味しかったです。


でも、ここでも、大根おろしと、醤油があれば、更に美味しいで!!と、思いました。(笑)






デザートは、最初の日に食べた、”Melting Chocolate cake"を、ダーリンは、

しっかり堪能してましたね。



私は、さっぱりしたいんで、パイナップルのシャーベットを、いただきました。


すっきり、後口もよろしく、美味しかったです。



料理は、ほんとにクルーズ、満足ですね。


特にお魚料理が、お勧めです。

お肉は、、、、、やっぱりBBQどころのテキサスからだと、

それ程感激はしません。


でも、お肉も、美味しかったですよ。






タオルも、この日が最後ですね。


最後は、こんなの、

day5 towl work
ありゃー、最後は、ちょっと手抜きでは??ありませんかね??

これなら私でも、作れそう。


こんな感じの、船旅でした。



6日目は、朝起きて、身支度して、朝ごはん食べたら、9時ごろには下船で、

家路に向かいます。


第一回目のクルーズ旅行は、大成功の、大満足。


明日はちょっと、クルーズに関する、感想というのか??

いろいろ思うことも書いて見たいと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村それでは、、また明日。




スポンサーサイト

アメリカ大移動、今はNorthwest


2011年05月
  1. 最後の晩餐(05/31)
次のページ
次のページ