FC2ブログ

Downton Abbey

2019-09-22 Sun : アメリカ生活 
ダウントン アビー、昨日見てきました。


お話は、みんながハッピーになるために、必死で書かれたシナリオって感じでしたが、


それでも、楽しめました。



Downtonの何がすきって、コスチュームだったり、



全ての細かい物が好きなんで、それを大きなスクリーンで、ばっちり見れるというのは、



ワクワクしますね。



どちらかと言うと、大恐慌前の20年代のファッションって、



女性のドレスは、ストンとしすぎて、それほどすきってわけでもないのですが、



それでも、色の具合とか素敵だし、普段着やコートなどに、目を奪われてしまいます。



一番好きなのは、メイドたちの一人づつ、ちょっとづつ違うエプロン姿だったりします。



アクセサリーも、あの時代に流行ったビローンと長いタイプは、好みではないし、


パーティーや、夕食時に飾り立てるヘッドドレスは、全然興味ないけど、



外出時のお帽子の素敵さとか、メイドの仕事着の襟ぐりの可愛さとかに目が釘付けになります。




夫も、古っぽい物大好きなんで、家具とか、部屋のデコレーションとかに、



目を奪われてたようです。



お話は、ロマンス作りに必死なのが、笑えるようで、



ところどころで、げらげら笑ってましたが、それでも、お庭も、食器も、勿論お食事も完璧。



キラキラ輝かしいボールルームも素敵だけど、



キッチンとか、靴の手入れの部屋とか、鍋とか、ポットが気になるようでした。



ちゃんとゲイの人たちにも、配慮されていて、



それぞれの好きなキャラクターが、ちゃんと忘れられずに描かれていて、



内容はてんこ盛りでしたが、全体的には楽しかったです。



来年、スコットランドに行きたかったけど、義兄のフランス人のお母さんの具合が、


ちょっと本調子ではないんで、義姉夫婦は、最後になるであろう、



フランス旅行に、何とかお母さんを連れて行きたいようで、スコットランドは、ちょっと先になりそうです。



義兄が行かないと、義兄を含んだフィデルの演奏が聴けないんで、



私たちも待ちたいし、、、、



その前にDowntown Tourに参加したいかも????です。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト